売電の仕組みについて

太陽光発電の家

太陽光発電は群馬県でも盛んに行われているため興味を持っている人もいるでしょうし、特に収入につながる売電について知りたい人も多いでしょう。売電というのは、太陽光発電によって生み出した電気を電力会社に買い取ってもらうことであり、現在では固定価格買取制度というものが設けられています。固定価格買取制度とは、一定期間同じ価格で電気を買い取ってくれるという制度であり、住宅用の場合は10年間で産業用の場合は20年間がその対象期間になります。ですので太陽光発電システムを購入する際も、この売電期間や価格を基にして収支計算をし、金銭的メリットがどれぐらいになるのかをあらかじめ知ることができるのです。固定価格買取制度における売電価格については、10kW未満の住宅用のほうが10kW以上の産業用よりも高くなります。そしてこの売電価格は経済産業省によって毎年改定が行われており、太陽光発電の設置費用が下がっていることを受けて、年々引き下げられる傾向にあります。ただし先ほども紹介したように、固定価格買取制度によって一定期間は同じ売電価格が保証されるため、その点は安心だと言えるでしょう。また売電方式には、自宅などで使った余りの電気を売るという余剰売電と、発電したすべての電気を売る全量売電があります。特に余剰売電の場合は、自宅などで使うより売ったほうが得になるので、節電を心がけることでより多くの売電収入を得られるようになるでしょう。

太陽光パネルの選び方

屋根

群馬県で太陽光発電を導入しようとする際、初心者の場合は太陽光パネルをどうやって選んだらいいか分からないという人も多いのではないでしょうか。そこでまず知っておきたい選び方のポイントとしては、「変換効率」を重視するということが挙げられます。変換効率とは、ようするにどれだけ効率的に発電ができるかという太陽光パネルの性能のことであり、メーカーやパネルの種類によって大きな差が出てくることがあるのです。太陽光パネルには主に単結晶と多結晶の2種類がありますが、単結晶のほうが変換効率が高くなります。ただし価格的には単結晶よりも多結晶のほうが安いため、初期費用を抑えるために多結晶を選ぶケースもあると言えるでしょう。そして太陽光パネルの価格を見る際は、パネル全体の価格を1kWあたりの単価に直した「kW単価」で見ることが重要になります。一見すると安く思える場合でも、kW単価にするとW数が少なく単価当たりの価格が高くなるということがあるため、商品を比較する際は必ずkW単価を見て判断しましょう。